エンジニア業界について

インフラエンジニア2年目がアクセンチュアの面接を受けた結果

こんにちは、文系エンジニア君です。

今回は文系出身のエンジニア2年目の私がつい先日に受けたアクセンチュアの一次面接についてお話しいたします。

選考を受ける/受けようとしている方が多い企業だと思うので、情報共有をいたします。
参考にしてみたください。

対象読者

・アクセンチュアの面接を受けようか検討している方
・アクセンチュアの面接を受ける予定がある方

 

それでは、時系列順に説明していきます。

 

アクセンチュア 面接に至るまで

まず私がアクセンチュアの選考にエントリーしたのは、今年の2月頃です。
第二新卒枠で応募しました。
ソリューションエンジニア職/コンサルタント職 を併願しました。

ここはうろ覚えなのですが、ありきたりなエントリーシートを提出し、
WEBテストも受けました。

WEBテストの内容はごく一般的な就活で用いられるような問題でした(玉手箱ってやつ??)
ただ、WEBテストは全く手応えがありませんでした。

その時期は他の会社の面接準備等もあり忙しかったので、「まあ落ちただろうな」くらいのメンタルでせっせと他社の選考を進めておりました。

そして転職活動が一旦3月ごろに落ち着きました。
色々あって、結局現職に残ることにしたからです。
そして、現職で働き、家に帰りアプリを作る、そして休日にブログを書く毎日を過ごしていました。

すると6月のとある平日に知らない番号から電話がかかってきました。

はい。。?
アクセンチュアの人事担当ですが、面接のご案内です。〇〇様の携帯番号で・・・
相手
!!!!??

エントリーしてから4ヶ月越しに面接の案内が来たのです。

脳内に「転職」「アクセンチュア」が一切ない時期のこの電話はかなりテンパりましたね。
電話に出た際、ちょうど昼飯(スーパーの弁当)を食べていたのですが、逆流しかけました。

ただ、断る理由もありませんので、面接を快諾し一週間後に面接を控えることになりました。

 

アクセンチュア 選考対策

面接まで1週間です。
早急に対策をしなければなりません。

まずは、一次面接で何をするのかを調べました。
すると「ケース問題」+「普通の面接」ぽい。

確かに案内された、リクルート用マイページに「ケース問題提出」のような欄があります。

「俺はエンジニア/コンサルどっちとして受かったんだ?」
「ケース問題あるからコンサルか?」
「でもさすがに受かるとしたらエンジニアだよな?」
「そもそもこの面接はエンジニア/コンサル関係ないのか?」

上記のような疑問がたくさん浮かびましたが、そんなことを気にしている暇はありません。
ケース問題用の書籍を2冊買って対策をしました

合間で座談会に参加して志望動機を作るヒントを得て、
後の時間は必死こいてそれらしい志望理由をつくりあげて、面接に備えました。

 

アクセンチュア 一次面接

いよいよ当日です。オンライン面接が始まりました。

最初に面接の流れを説明されました。

面接の流れ

・ケース問題

・面接官に解いたケース問題のプレゼン+質疑応答

そしてケース問題が始まりました。
問題の内容に関してはお伝えすることができませんが、いわゆるケース問題でした。

結構時間がギリギリになるように設定されていて、かなり大変でした。
が、対策した甲斐もあってそこそこの出来でした。

そして次はいよいよ面接官との対峙です。
ケース問題のプレゼンと、質疑応答の時間です。

面接担当の方は、ベテラン風のかなりできそうな方でした。

よろしくお願いいたします!!
はい、お願いします。

 

えーじゃあプレゼンをお願いいたし・・いや・・
(・・・!?)
この問題微妙だからもう一問やりましょう。口頭で問題だしますね。

(!!!!!!!???)

はい!!

こうしてケース問題第二問が始まりました。
先ほどよりは自身がありませんでしたが、そこまで悪くない出来でした。

第二問目のプレゼンまで終わりました。

はいお疲れまでした。何か質問はありますか?
なければ本日の面接は以上です。

 

向こうからは何にも聞かれませんでした。

 


直感で落ちたことを悟りましたが、流石に足掻こうとそれらしい準備した逆質問をしました。
そうしてアクセンチュアの一次面接が終了しました。

 

アクセンチュア 結果通知

3日後にお祈りメールが届きました。
流石に落ちただろうと思ってましたが、心のどこかでは期待をしていたので純粋に悔しかったです。

ただ、初めてのケース問題は楽しかったです。
でも4ヶ月越しで面接に呼んで落とされたのが悔しかったので、キャリアのどこかでリベンジしたいですね。。

さいごに

以上がインフラエンジニア2年目がアクセンチュアの選考を受けた時の話です。
参考になるかは分かりませんが、情報の一つとしてインプットしていただけたら幸いです。

-エンジニア業界について
-, , ,

© 2022 文系エンジニア君 Powered by AFFINGER5