おすすめ 学習

”NFTアート”とは? 突っ込んで調べてみた

こんにちは、文系エンジニア君です。

今回は最近とても話題になっている”NFTアート”について解説します。
つい先日「与沢翼さん」が自身のツイートをオークション販売して話題になりましたね。

与沢翼、第2子出産ツイートをNFT化、1041万円で落札!
出典:Yahoo!ニュース

この取り組みにももちろん「NFTアート」がガッツリ絡んでいます。

NFTアートについて「何となく知っている」方は多いと思いますが、
なかなか踏み込んだところまで理解されている方は少ないと思います。
(この記事を書くまで私もそうでした。)

今回は下記ポイントを抑え、NFTアートについて解説していきます。

ポイント

・専門的知識がなくてもわかる
・他サイトよりも深掘りして解説
・「NFTアートが広まった背景」から「NFTアートがもたらした市場」まで網羅

それでは、早速解説を始めます。
※参考文献「NFT解説本【補足動画付き】なぜ、デジタルアートが75億円で売れるのか?」

 

NFTアートとは

NFTアートとは

一言で言うと、「NFTを使い所有権を保証できるデジタルアート」です。

要は「NFT」を使って、「このツイートは俺のものだ!」「このデジタル絵画は俺のものだ!」
と証明できるデジタルアート作品です。

「だからNFTってなんだよ!!!」って思いましたよね。

「NFT」という技術に関しては、後術いたします。

まず技術を解説する前に、「NFTアートが広まった背景」・「使われ方」からお伝えいたします。
その方が理解が深まるかと思います。

 

NFTアートが広まった背景

有名アーティスト”バンクシー”という方の『Morons』という絵画をスキャンした、デジタル絵画が競売に出されました。

ここでバンクシーさんは暴挙にでます。
元の絵画(実物)を燃やして、「デジタルが本物だ!!!」とパフォーマンスしたのです。

※下記動画は実際のパフォーマンス動画です。

とても面白いですよね。

このような取り組みが話題となり、世間に「NFTアート」が広まっていったのです。

 

NFTアートの様々な使われ方

現在NFTアートは様々な使われ方をしています。

冒頭でもお伝えしたように、与沢翼がツイートを販売しましたね。
他にも、TwitterのCEOがツイートを3億円で売ったこともとても話題になりました。

TwitterのドーシーCEOの初ツイートNFT、3億円超で落札 全額寄付
出典:ITmedia NEWS

最近ではアメリカのトレーディングカードゲーム会社がこぞって、NFTアートに乗り出しています。
その取り組みが著名人たちより評価を得て、企業が大成長してる例もあります。
もはや、ビジネスにおいてもNFTアートは無視できない存在になってきていることがわかります。

FTトレカゲーム「NBA Top Shot」のDapper Labsはマイケル・ジョーダンやハリウッドに支援され評価額2879億円に
出典:TechCrunch

日本でも、同じような例があります。
あの国民的アイドルグループ「SKE48」のデジタルトレカが販売されました。

※現在の販売状況は「株式会社coinbook」のHPよりご確認ください。

NFTトレカ×SKE48
販売元:株式会社coinbook

ざっと一部ですがNFTアートの使われかたをご紹介いたしました。
このようにNFTアートはデジタルデータに対して、大いなる価値を付随させる技術となっているのです。

 

NFTとは

ここからは技術的な話をしていきます。

先述したように、NFTアート=NFTを使い所有権を保証できるデジタルアートです。

つまり、「NFTアート」を理解するには「NFT」を理解しなければなりません。
そして「NFT」を理解するには、「ブロックチェーン」についての理解も必要です。

この章では、「NFT」と「ブロックチェーン」の技術について、解説していきます。
段階的に理解いただくため、まずは「ブロックチェーン」技術に対する解説からいたします。

※専門的な話はせず、ITへの知見がない方も理解できる情報粒度にしております。

 

ブロックチェーンとは

インターネット上の電子帳簿です。
そして、インターネットに接続されたすべてのコンピュータで同じ帳簿データを管理できます。

少し具体的に説明いたします。

AさんBさんはブロックチェーンで管理されているビットコインの口座を持っています。

Aさんがビットコイン用の「口座A」を所有しているとします。
Bさんがビットコイン用の「口座B」を所有しているとします。

Aさんが友人であるBさんの持つ「口座B」1ビットコイン送金したとします。
もちろん、このやりとりはAさんの帳簿とBさんの帳簿に記録として残ります。

しかし、両者はブロックチェーンの上で取引をしています。
ですので、AさんBさんはもちろん、全世界のインターネットに接続しているコンピュータ上にこの記録が帳簿に記載されます。

つまり「口座A」から「口座B」への1ビットコイン送金の動きは、世界中から監視されているのです。

この仕組みによりデータの改ざんを防いでいるのです。
金融機関が積極的にブロックチェーン技術を取り入れようとしているほどの信頼性を持っています。

※他にも「ハッシュ値」による改ざん防止機能もありますが、割愛いたします。
より詳しく知りたい方は下記リンクをご覧ください。
ブロックチェーンの仕組み
出典:NTTDATA

まとめると、世界中からの「相互監視」によってブロックチェーン上での取引は成り立っているのです。

 

NFTとは

Non-Fungble Tokenの略です。
日本語訳すると「非代替性トークン」です。

トークンとは直訳すると「しるし」です。
まり、「NFT(非代替性トークン)」とは「替えの効かないしるし」と言う意味です。

そろそろ感の良い方はわかってきたのではないでしょうか?

もう少し詳しく解説していきます。
NFTとはブロックチェーン技術を駆使して、「替えの効かないしるし」を発行するのです。

AさんがBさんにデジタル絵画のNFTを売ったとします。
ブロックチェーンの技術により、この取引は世界中の帳簿に記録されます。世界中の人から取引が監視されます。
裏を返せば、Bさんが「替えの効かないしるし(NFT)」を持っていれば、デジタル絵画の所有権はBさんにあると世界中に証明できるのです。
そして、セキュリティ面からみて、その証明の改ざんは現実的に不可能なのです。

これがNFTの技術です。
NFTはコピーさせない技術ではありません。コピーがあっても、オリジナルがどれなのかを証明できるという技術です。

これで冒頭でお伝えした、「NFTアート=NFTを使い所有権を保証できるデジタルアート」の意味が理解できたかと思います。

 

 

"NFTアート"から派生した新たな市場”NCT”

ここまででNFTアートについて、ご理解いただけましたでしょうか。

続いてはNFTアートから派生した新たな市場NCTについて説明していきます。
少々本線である「NFTアートとは?」からはズレるかもしれません。
興味がある方はご覧いただければ幸いです。

 

NCTとは

Hashmasksというプロジェクトで利用されているトークンです。
HashmasksがこのNCTが売買される市場を作り上げました。

もう少し詳しく説明していきます。

Hashmasksは、16,384枚のデジタルアート画像を扱っています。
このデジタルアートをNFTの技術を使って売買しています。
つまり、Hashmaskで買ったデジタルアートは所有権を証明できます。

このHashmaskの絵画を所有していると、毎日「NCT」というトークンが10枚配布されます。
このNCTを1830枚集めると絵画の命名権と交換することができます。
つまり183日=約半年待つと絵画の命名権をもらえます。
※NCT=Name Changing Token

そしてこのNCTはトークンなので、他の人に渡したり、受け取ったりできます。
そして、半年待てない、持っている絵の名前を変えたい人は、NTCを持っている人に売ってもらうようになりました。

そうして、Hashmasksの絵画を持っている人内でNTCの売買市場が出来上がりました。

また、所有している絵画に飽きたら、絵を返却することで、別の絵画を得られるトークンが手に入ります。
トークンとの交換で絵画を手に入られたら、どんな絵が手に入るかわからない仕組みです。
この「ガチャ」的要素が人気になっていたりもします。

このようにNTCという市場がNFTアートから派生して生まれていたりするのです。

 

さいごに

「NFTアート」についてご理解いただけましたでしょうか。

今後ビジネスにおいても無視できない存在になるのではないでしょうか。

なお、本記事では詳細な技術(じゃあブロックチェーンってどうやって作るの?等)には触れませんでした。
もしご興味があればもっと深掘って調べてみてください。

-おすすめ, 学習
-, , ,

© 2022 文系エンジニア君 Powered by AFFINGER5