おすすめ 副業

【生々しい】エンジニア1年目で利益を出した副業、出せなかった副業

エンジニア大副業時代到来

こんにちは。文系SE君です。
2020年のコロナウイルス大流行から、働き方が大きく変わったのは、みなさん承知のことだと思います。その影響で、個人が副業を踏み出す機会が増え、副業に対するハードルがグンと下がったように思います。

下記が、株式会社リクルートキャリアが発表した、「2020年12月時点の兼業・副業の実施状況」です。

株式会社リクルートキャリア 【*新設計版】兼業・副業に関する動向調査(2020)概要版

 

ご覧の通り、約2人に1人が副業に関して前向きな意見を持っています。

加えて、「エンジニア」という職業は、副業のハードルがかなり低いと思います。
・副業を許している会社が比較的多い
・現職のスキルをそのまま活かせる業務委託案件が多い


今回は、そんな駆け出しエンジニアである私が、1年間で行った副業で、「利益が出たもの」、「利益がでなかったもの」、おまけで「挑戦中の副業」をご紹介します。

是非、今後の副業を行う時の参考にしてくださると幸いです。

文系SE君の副業歴

私はちょうど今月で、副業歴が1年になります。

そして、「利益が出なかった副業」の方が多いです。

昨年(2020年)の4月に新卒入社でSES企業に入社したのですが、ちょうどコロナウイルスの被害真只中でした。そのため、社内は初めてのこんな出来事に対して、緊張感、危機感が走っていました。

かなりありふれた動機ですが、そんな中私も、「ボーッとしてたら人生が詰むんじゃないか」と思い、自分の力でお金を稼ぐ力を身につけるべく、副業を行うことにしました。

もちろん、新卒入社したての私が簡単に稼げませんでした。
この1年間はもがきながら、いくつかの副業に手を出しました。


そんな私がこの1年間で「利益が出た副業」「利益が出なかった副業」をご紹介いたします。

※各副業の「やってきたこと」の細かい話は別の記事でお伝えします。
本記事では、ざっと概要だけお伝えいたします。

利益が出た副業

win

note販売

●利益
約半年で、約10万円の利益がでました。(継続中)


●学んだこと
記事タイトルへの書き方
趣味の分野はコミットしやすい
SNS運用


●詳細
note販売はせどりと比べて、遥かにコスパがいいです。
初期費用等一切かからないし、最初に興味を持たれるであろう、分野だけ決めてしまえば、あとは正直かなり楽です。
現在5記事書いたのですが、1記事あたり2hしかかかっていません。

販売窓口は、Twitterを使用しています。

大まかな流れは下記の通りです。

記事を書く

SNSで宣伝

以上です。


●結論
かなりおすすめです。
最初の分野策定に時間を割けば、比較的楽でした。

せどり

●利益
1ヶ月で約5000円の利益がでました。(1ヶ月で辞めた)

●学んだこと
在庫を抱えるビジネスはプレッシャーが負担が大きい
副業をやるなら、一石何朝にもなるものをやった方が良い


●詳細

新卒入社してすぐの4月に、手軽そう。という理由だけで、せどりを始めました。

ざっと説明すると、
Amazonに自分の店を出店して、売れそうなものを様々なツールを使って調査し、販売していました。
あまり費用をかける勇気もなく、雑誌を中心に販売していました。

人気アイドルが表紙の週刊誌を何種類か販売しまくっていました。
1冊あたり、確か100円〜200円の利益を出していました。

利益を出せはしたのですが、1ヶ月で辞めてしまいました。
辞めた理由の中で、大部分を占めるのは、下記2つです。

・在庫を抱えるリスクを背負いたくなかった。
効率よく利益を上げるには、雑誌を卒業し、高単価の商品を販売する必要があることに気づきました。
高単価の商品を販売するには、一旦自分でその高単価商品を抱えなければなりません。

それが売れなければ、そのまま赤字になってしまうのが怖かったのです。


・スキルが身につかない
ただ、物を買って、出品するだけです。
ITに関するスキルはほとんどつかないと思います。

●結論
利益は出ましたが、
エンジニアとしてなにか役に立つビジョンが見えず、
尚且つそこまでおいしくないため、私は辞めました。

ただ、「利益が出るまでの速さ」、「手軽さ」はあります。
「在庫を抱えるリスクを許容でき、いち早く結果を出したい人にとっては、良い副業かもしれません。

利益が出なかった(諦めた)副業

lose

アパレルブランド

●敗因
投資対象のミス
SNS運用の失敗
服が好きじゃなかった
諦めた

●学んだこと
物を売るには信用が欠かせない
アパレルをやるなら、影響力がないと難易度高い
Shopfy、BASEを用いた、ECサイトの作成、運用
イラレスキル


●詳細
せどりの次に手を出した副業です。
せどりで、在庫を持つビジネスは今の自分にはキツイと学んだ私は、無在庫で始められるサービス(Shopfy、BASE)を利用し、アパレル販売を始めました。


デザインセンスが特にない一般人がweb上で作った服の画像だけをポンポン投稿していても、買われるはずがありませんでした。

それに気づいた私は、インフルエンサーに宣伝してもらうことにしました。
服の提供だけで宣伝してくれる方や、17万円払って宣伝してもらったりもしました。

結果、10着前後売れて、それっきり放置しています。


●結論
服にすごい興味があるわけではないが、かなり楽しかったです。
まだ、HPやアカウントを消したわけではないので、また再度挑戦しようと思っています。

to B向けWEBシステム開発

●敗因
要件を固めきらず、見切り発車した。
技術不足
諦めた

●学んだこと
要件は固めないと、手戻りがとんでもないことになる
PHPの基礎
Laravelの基礎
サービス開発の難しさ

●詳細
SES企業に向けた、パートナー企業探しのマッチングサービスを作ろうとしていました。

が、最初の「要件定義」のフェーズで、マネタイズの部分をふわっとしか決めずに見切り発車してしまいました。

それが仇となり、設計書もボロボロで穴だらけ。
その設計書を元にコーディングしたので、うまく行くはずもありません。

もう、何をどうして良いか分からず、動的なページを3ページくらい作り、投げ出しました。

●結論
個人開発は想像の10倍大変。

しかし、スキルが身についたら、再度絶対に要件定義から挑戦します。

LP作成(クラウドソーシング)

●敗因
技術不足
諦めた

●学んだこと
HTMLの基礎
CSSの基礎
JavaScriptの基礎
JQueryの基礎
Adobeを用いた、WEBデザインの基礎

●詳細
上記のシステム開発を断念した私は、まず、クラウドソーシングで「LP作成」を請け負えるようになろうと、勉強を開始しました。

行った勉強
・優秀なLPを見まくる
・必要技術のProgate1周
・LP用ライティングスキルの本読む
・WEBデザインの本読む

そして、行った勉強のアウトプットとして、上記でご紹介した、「アパレルブランド」のLPを何パターンか作成してみました。

最終的に、
「5年前だったら受け入れられているだろう」LPが完成しました。

要は、技術が足りませんでした。

古臭いLPをポートフォリオとして引っ提げ、
登録したクラウドソーシングの案件に応募しまくりましたが、1件も受注できませんでした。

他の応募者のポートフォリオを拝見したら、
まるで次元が違く、心が折れました。

そして、諦めました。

●結論
LP製作は、ライバルも多いので、ある程度の技術力、実績がないと、クラウドソーシングでは戦えないと思いました。

実績を作るための工夫が必要だと思いました。

さいごに

try

たくさん失敗して、たくさん諦めてますね。
これがリアルな私の副業の実績です。

しかし、学べたこともあるので、それを活かして現在も他のことに挑戦しています。
また別の記事で挑戦中の副業をご紹介いたします。

みなさまも様々な副業にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

-おすすめ, 副業
-, ,

© 2022 文系エンジニア君 Powered by AFFINGER5